Entries RSS Comments RSS

卵子の老化の原因

卵子の老化の原因は加齢です。加齢によって卵子の元となっている卵母細胞の数が減少していきます。減少していけば、当然、妊娠しにくくなっていくということになります。

卵母細胞の減少は20代後半までに10万個以下になっていくと言われており、30代、40代になっていくとさらに加速していきます。40代以降にもなると、5000個以下となってしまうこともあります。

このように、卵子の老化が進んでいくことで、女性の体は妊娠しづらくなるだけではなく、様々な不調を訴えるようにもなってくるのです。それが俗に更年期障害と呼ばれるものとなってきます。

なぜ、年齢を重ねると卵母細胞が減少していくのか、この原因は解明されえちません。卵母細胞は生まれた時から存在しています。生まれた時は約200万個と言われており、ここから徐々に減少していくのです。

卵子の老化を防止するためには、卵巣機能が正常に働くような環境づくりが一番です。ストレスをためないようにしたり、生理の周期がきちんと来るようにしたりすることが大事です。